あなたの睡眠は大丈夫?良質な睡眠の基礎知識

良質な睡眠は体内時計を整えることから

良質な睡眠には体内時計が関係しています。体内時計が狂っていると夜に寝れなくなったり、朝に起きにくくなることが多いです。そもそも体内時計は24時間で動いてはいません。1日は24時間以上かかっていると認識しているのです。そのために放っておくと少しづつずれていきます。そうならないために重要なのは、生活リズムを整えることです。朝に日を浴びて起きてしっかり食事を摂り、眠くなる時間に寝るというリズムが出来上がれば、体内時計は大きく狂うことはあまりありません。特に朝日を浴びて起きることが大事です。朝日を浴びることで体が朝だと、認識して時計をスタートさせるからです。また、夜に寝やすくするためには、睡眠までの助走時間を作ることが大事になります。寝る直前に食事をしない、リラックスをするなどのような寝る準備の時間があると体は寝やすくなるのです。

睡眠サプリを上手に利用して不眠症対策

サプリメントの成分によって、快眠に効果的なものがあります。成分の効果を知って、求めている効果が期待できる成分が入っているサプリを選びましょう。朝にスッキリ起きたいのであればグリシンがいいでしょう。グリシンは体内時計や睡眠リズムの調整をする働きがあります。そのため不眠気味の人でも朝に起きやすくなる効果に期待ができるのです。セントジョーンズワートは神経伝達物質のセロトニンの濃度を高め、気分を明るくする効果があります。セロトニンにはリラックス作用があるので、不安や興奮を抑える効果があるのです。就寝前にリラックスしようとするときには役に立つ成分です。他にもカルシウムやビタミンB群も、快眠には役に立つ成分になっています。

1日単位で見ればわずかな睡眠不足。けれどもわずかな睡眠不足も積み重なると、やがて心身に影響を及ぼすようになります。睡眠負債とは、睡眠不足が借金のように積み重なっている状態を指します。

© Copyright Sleep And Health. All Rights Reserved.