良質な睡眠は生活習慣から!睡眠と健康的な食事の関係性

良質な睡眠のためには夕食の内容が大切

毎日を健康的に過ごすためには、良質な睡眠が重要となります。そして良質な睡眠を得るためには、夕食のタイミング・内容に気をつける必要があります。 まず大切なのが夕食を食べるタイミング。食後すぐに寝てしまうと、体内では食べものを消化しているので深い眠りにつくことができません。夕食から寝るまでの間は3時間は開けるようにしましょう。また、寝る前に消化の悪いものを食べてしまうと、それだけ消化に時間がかかってしまいます。脂っこいものや消化の悪いものは避けるようにしましょう。 なお、日ごろの食事で睡眠を良くする栄養素を摂るのも有効です。睡眠ホルモン「セロトニン」の材料となる「トリプトファン」や、体温を下げる効果がある「グリシン」、ストレス軽減に役立つ「ビタミンB1」「カルシウム」等が挙げられます。

睡眠の質を高めるためにサプリも検討

良質な睡眠を得るためには、寝ている時に消化ができるだけ行われないように、食事内容に気をつける必要があります。それと共に、睡眠に良いとされる栄養素を摂ることも有効です。けれども、常に食事から睡眠に良い栄養素を摂るのはなかなか大変。そこで利用したいのが、サプリメントです。

現在「トリプトファン」や「グリシン」など、良質な睡眠に有効とされる成分を豊富に含んだサプリメントが販売されています。サプリメントはあくまでも健康食品なので、睡眠薬と違い副作用の心配は少ないです。ただし睡眠サポートのサプリは不足している栄養を補給するものなので、継続することではじめて効果を発揮します。選ぶ際は味・形・価格等を考慮し、続けやすいものを選ぶようにしましょう。

テアニンとはお茶に含まれているアミノ酸の一種で、リラックス効果や高血圧予防、不眠症などに効果があります。

© Copyright Sleep And Health. All Rights Reserved.