寝具選びであなたな健康が左右されるって知ってた?

寝具で睡眠の質が変わる理由

健康のために、時間をかけて自分に合った寝具を選びましょう。日中の活動時と睡眠時には、体重のかけかたが変わります。日中は座ったり立ったり歩いたりと基本的には「縦」で過ごしますが、睡眠時は寝転がるため「横」で過ごすことになります。そして日中と違い長時間同じ姿勢を維持します。血液が滞らないように定期的に「寝返り」はうちますが、それでも日中に比べると身体を動かす回数は落ちます。

長時間同じ姿勢でいることは、身体には強い負荷がかかります。血流だけではなく骨や筋肉まで負荷がかかります。寝ているときは意識がありませんから姿勢を変えることはできません。よい睡眠を得るための寝具選びは、身体への負荷をポイントに選ぶことが大切です。

良い睡眠を手に入れられる寝具の選び方

寝具を選ぶポイントは「就寝時に身体に負荷がかからないこと」です。柔らかすぎる寝具は、身体の一部に強い負荷がかかるため、腰痛や肩こりの原因となります。枕でも、ベッドマットでも、血流や筋肉に負荷をかけない固さや高さがあります。多くの寝具専門店では、自分にあった寝具の固さを測れる計測器が置いてありますから、利用するとよいでしょう。 寝具を変えたのに眠れないという方は、原因は姿勢ではなく自律神経にあるのかもしれません。自律神経が乱れてしまうと、質の良い睡眠は得られません。健康的な食事と規則正しい生活をおくれば、自律神経を整えることができますが時間がかかります。今すぐ質の良い睡眠を得たい方は、食事と平行して睡眠サポートのサプリを利用するとよいでしょう。毎日の食事で摂取できない栄養が含まれたサプリを選ぶとよいでしょう。多く飲んだからといってぐっすり眠れるわけではありません。摂取方法はきちんと守りましょう

グリシンとは、人間の体内で作られるアミノ酸のことで、主に運動や呼吸などの身体的な機能として働いています。

© Copyright Sleep And Health. All Rights Reserved.